借金一本化の方法と手続き|あなたは損をします

MENU

借金一本化の方法と手続き|あなたは損をします

借金一本化の方法と手続きの注意点

最近借金一本化して返済を楽にしようとか、おまとめローンが得とかいう話をよく聞きませんか?
借金返済でよくおまとめローンという借金一本化をする商品を売り出している業者がありますね。

 

借金一本化、方法、手続き

おまとめローンの名前のとおり、複数の業者から借り入れている借金を一本化することで返済を楽にしましょうという主旨の方法ですが、このおまとめローンで借金一本化をする方法と手続きには注意点がありますので、よく考えて乗り換える、一本化するなどの対応が求められます。

 

このおまとめローンで借金一本化すると、これにより他社の返済分がなくなりますので、結果的に返済額が少なくなるケースもあるでしょう。
その点においては借金一本化すると生活面において非常に楽にはなりますが、一本化した後、万が一、過去の借金で利息制限法に関係する過払い金があった場合には、その返還がなされなくなってしまうというデメリットが大きくなってきます。

 

つまり、弁護士や司法書士に依頼をすれば、払いすぎた利息分の返還が受けられ返済が楽になったはずなのに、おまとめローンで借金一本化をする方法に手続きしてしまったがために返してもらえるはずのものが返してもらえないという結果になり得ます。
したがって、昔から借金等を利用している場合にあっては、借金一本化する前に過払い金の存在の有無の確認を必ずしなければなりません。
このとき、通常の手続きとしては、弁護士か司法書士に依頼手続きをして対応を協議する方法が常です。

 

このため、もし返済が厳しいという話になったときには、そのまま債務整理の手続きの話をした方がよく、借金一本化するよりもその方法にする決断が早ければ早い分だけ借金に悩まされる日々から解放をされる事に繋がります。
なお、この借金一本化にまとめる方法には、保証人などの設定を求められるケースが非常に多く、利用手続きに関してはハードルが高くなります。このことも借金一本化する前にあらかじめ知っておくことが望ましいでしょう。

 

借金返済が行き詰まるときというのは、借金を借金で返済をする状態すなわち自転車操業に陥ったときには、もはや自力での返済が出来ないと割り切ることが非常に重要になってきます。

 

一刻も早く士業の専門家に相談して対応方法を考える方が、後々楽な手続きになります。
特に弁護士か司法書士といった士業の人が引き受けてくれた場合には、受任通知を債務者に対して発送をしますので、これ以降借金の利息計算も督促も出来なくなります。
その方法の間に生活再建も可能ですし、また利息計算をしませんので、裁判所への申し立てを行う自己破産や個人再生の場合、借金の返済が非常に楽になるメリットが出てきます。
安易に業者で借金一本化してもらうよりは、法律の専門家を通じて債務整理を含む対応を考えることで借金から脱し、生活再建につなげる手続き方法の方が望ましい状態であると言えるでしょう。

 

 

一本化の方法と手続き

借金一本化できない理由

借金一本化、方法、手続き

借金にまつわる相談事で、最も多いのは絶対に多重債務に関わる問題でしょう。
多重債務とは、借金を様々な業者からしているために返済日や利息などがまとめられないというデメリットのある借金の方法です。

 

なぜ1つの会社で借金一本化をしないのか・・・。

 

それは各会社によっては借り入れの上限の金額というものが決まっていて、借りたい金額の最大限まで借りられないこともあります。

 

なので債務者は借金一本化せず、いろんな場所でそれぞれ借金をするより他に方法が無いという結果になってしまいます。
先ほども述べましたが、借金一本化した場合と違い、やはり多重債務の嫌なところは返済日や利息が同じじゃない事です。
この為に自分が今どれくらいの借金をしているのか、返済をいつまでに返すべきなのかが曖昧でわかりにくくなってしまうのです。
しっかり返済の内容を把握できる人でないと、多重債務の悪巧みにどんどん絶望の危機へと落ちていくことでしょう。

 

それでも借金一本化したい!どうにかして借金一本化する方法・手続きは・・

このような状況にある場合は、どうにかして借金一本化する方法はないのでしょうか。
借金一本化の手続きをしたなら、自分の給料が入る日程と借金を返済する日の1日だけを覚えていればいいので相当精神的な面で楽になれる方法だと思います。

 

次の節ではこの多重債務の一本化とその方法と手続きについて詳しくお話します。
多々の借金を、各々の業者から借り入れしている場合はその借金一本化にする方法を選択し手続きすることで債務者の返済を相当、楽にすることができるでしょう。
その様にするためのまず一歩として、弁護士に必ず相談することが最も必要な方法になります。
貸金業者仲間ではそういった一本化にする手続きはして頂けません。

 

ですので、専門知識を持った法律家の助けを借りるしか方法は全く無いと言っていいでしょう。
弁護士に依頼手続きをすることで、複数の借金一本化する方法と手続きを実行してもらえます。
まずは真っ先に自分がいったいどんな借金の状況におかれているかを、無料相談しに行くことをおすすめします。
どこの法律相談所でも、はじめは「○○分間、無料で相談」といった窓口を開設しているはずです。
気がかりでしたら、一件だけ訪ねる方法ではなく、何件か違う弁護士を訪ねる事で自分にとって一番信頼できる先生を見つけてください。
相談に行ったら明確にどこにいくらの借金をしているのか綿密に聞かれると思いますので、確実に必要となる書類などを持参して相談に向かってくださいね。

 

 

借金返済の諸事情

当サイトを訪問していただきありがとうございます。
このサイトに興味を持たれたという事は、あなたは借金返済の事でお悩みがあるのでしょう。
金融業者の行う厳しい催促の電話や裁判所からの通知で、大変な重圧を感じている人もいることでしょう。

 

借金一本化、方法、手続き

借入を始めた時は、すぐに返済できるつもりでいた借金が、予期せぬ病気や失業などのために返せなくなった・・
引き落とし日が近づいているのに、入金の方法が見つからない・・
親族や友人に知られないように、何とかして借金を返す手続きをしたい・・

 

人によっては、亡くなった親族が残した債務を相続してしまったり、保証人になったため他の人の借り入れを背負う羽目になり、返済する事になって困っている人もいらっしゃることでしょう。
生活費、株・FXなどの投資、事業資金、冠婚葬祭にかかる費用、
ギャンブル、女性・男性との交際に必要な費用、浪費・・・

 

借金返済で悩んでいる理由は、人によって違います。
もとより最初の契約で合意した通りに返済できるなら最も良い方法であるというのは明らかなことです。

 

ですが、借金を返せず普段の生活にも支障がある人たちの為に、この国ではきちんと救済する制度が整備されているのをご存知だったでしょうか?
いわゆる法的手続きと言われている方法です。
法的手続きをする方法と聞くと身構える人も少なくないと思いますが、そこまで不安に感じる必要はないでしょう。

 

実は法的手続きを始めた債務者に対して直接請求する行為は禁じられているため、金融会社から毎日のようにきていた催促が一切なくなるため、少しでも早くこの方法で手続きすれば良かったのにと悔やむ人が大半と言えます。
親族とか友人に気付かれないうちに借金を清算する方法と思うなら、一刻も早く金融会社からの
催促を止める事が重要です!

 

債務問題を解決するための4つの方法

 

借金一本化、方法、手続き

個人的な借金返済の問題を解消するための法的手続きには、「自己破産」「任意整理」「特定調停」「個人再生」の4種類の方法から選択することができます。
これらの法的な手続きを全部で「債務整理」と呼んでいます。

 

それぞれについてどんな方法をとるのか、大体の概要をご説明します。
現実にどのやり方法を取るのが適切なのかは、弁護士と相談して決める事になりますので、大まかな点についてだけ掴んでおけば良いと思います。
 

債務問題を解決するための方法〜自己破産〜 

少しずつでも借金返済をする事が絶対に不可能な時に行う手続きが、自己破産するという方法です。
破産という言葉を聞くと、イメージが悪いものかもしれません。
しかし、今持っている借り入れをないものにしてしまえる最終的な方法になります。
本当にどうしようもない状況の時は、自己破産するしかないでしょう。
下記は、自己破産の特性となる点です。
免責されると借金が全額帳消しになる
土地や家屋などの不動産や金融資産を処分する必要がある
自己破産の手続き中は、生命保険募集人や警備員等の資格制限がある

 

債務問題を解決するための方法〜任意整理〜

資産を所有していない場合、手続き期間が短くて済む(破産開始と同時に破産廃止が決定される)破産の手続きは生活している場所の地方裁判所でおこなうのが任意整理です。
和解によって支払額を減らす事で、借金返済が可能になる状況で行うのが任意整理です。
任意整理は、それぞれの債権者(借入先)全てと債務に関する交渉をしていくことが必要とされるため、非常に煩雑な方法となります。
以下は、任意整理の特徴となる点です。
金利などの返済額だけではなく、借金の元本を減らす事が出来る場合がある
だいぶ長期間に渡って高い金利の借入を行っていた場合、払い過ぎた金利が戻る(過払金の返金)可能性がある
見直した結果今後払う借金の利息がカットされる可能性がある

 

債務問題を解決するための方法〜特定調停〜

債権者との間で返済計画に基づいて和解契約書を取り結ぶ特定調停という方法です。
特定調停とは、特定の債務者(要は借主のこと)に関係する民事調停のことです。
特定調停は申立人が簡易裁判所に申し立て、選ばれた調停員が仲介を行い、債務者の経済的再生を助けていくための制度です。
下記は、特定調停の特徴となる部分です。
調停なので債権者・債務者双方の意見の調整と合意が必要
金利の引き直し計算をすることで借金の元金を減額できることがある
別途手続きしないと過払い金の返還請求はできない

 

債務問題を解決するための方法〜個人再生〜 

銀行などの金融機関に住宅ローンの借入金が残っており、自宅を手放したくない際に個人再生という手続きにするのが有効です。
自己破産という方法にすると、所有する物件を競売や任意売却などで必ず処分する手続きになるため、
返済の助けとなるよう救済措置としてできた民事再生法という法律の中の手続きのひとつのやり方で、比較的新しい方法です。
個人再生の申立ての手続きを行うには、弁護士などの専門家に再生計画を作成して貰い、裁判所に認可されるようにする必要があります。
下記は、個人再生の特徴となる部分です。
自宅の住宅ローンの借入残高のあることが要件
自宅を処分しなくても返済していける定期的な収入が将来に渡って見込めることが要件
債務の総額や月々の支払額も相当減額できる

借金一本化の相談は弁護士へ

弁護士に借金一本化の方法や手続きを相談するのは気まずい事ではありません。

 

借金一本化、方法、手続き

当サイトで紹介したどの法的手続きも、事実行うには高度な専門知識が無くてはいけません。
自分で勉強して知識を有する方法もかなわなくはないですが、難解な法律用語や法的手続きの実際の職務を憶えこむのは容易ではありませんし、日々襲ってくる借金の
返済もあります。

 

現実的には弁護士の先生に
借金一本化の手続きを依頼するのがいい方法でしょう。
自己破産や支払期間の延長特定調停は裁判所での手続きが必然的になりますし、
任意整理になると、借入を進めている張本人からの申し出は、あらたかの金融会社が答えない為です。
貸し付けている先からの、返済金額の減少や金利の減免にいちいち応じていたら金融機関での運営が事業としてたちゆかなくなりますので、普通に考えれば当たり前の事です。
またキャッシングやカードローンなどの小口の担保のない借金の場合、この動向が強くなっています。

 

弁護士に申し出ると、債権者(借金先)に「受任通知」という新書が家に郵送されます。
この一報が着くとファイナンス会社からの借りたお金の返済の催促が停止するため、周囲の人に気付かれたくない場合は、ともあれ弁護士に相談することです

 

便りが届くまでいられないという場合は、弁護士に依頼して、債権者に通達して貰いましょう。
あまりに容易く督促の連絡が制止されるので、拍子抜けするかもしれません。
弁護士に依頼と言うと、後ろめたいと思ったり、経費を心配する人が多いようです。
弁護士はそもそも相談を受ける事が任務ですし、事務所にとって大事な依頼主となる為、借金一本化の相談なんて気まずいと思う必要はありません。
最近では弁護士が増加してきたせいか、経費も安くなっているようですし、分割の方法も選択肢にあります。
借金返済に苦しんでいる人が、手持ち資金があるわけない事は弁護士側もわかっているので、過度の心配は特にいりません。

 

つらい時に助けてくれたのでどうにか方法をとって返したい・・
困惑しているときにお金を貸してくれた金融業者や受け持ってくれた人に弁解のしようがない
何かしらの方法で借金返済を継続したいという感情の方も実在します。

 

その見解は見事なものだと思いますし、不可能でなければ借金一本化など考えずにそういう風にすべきです。
ただし今後の返済の予定が全く立たず、「もうだめ!」と感じているなら、なるべく早く弁護士に借金の相談して法的な手段を行うべきですし、そうやった手続きをとった方が回収担当者も助かるでしょう。

 

借りた会社の係りの者は、それぞれ膨大な口座を背負っていますので、延滞先との「払って下さい」「払えません」のらちが明かない問答にうんざりし、消耗しきっています。
職務として携わっている以上、借金返済を催促しなければならないのですが、弁護士の先生に頼むと「介入案件」となるので、日々の支払い請求電話から束縛が取り除かれるのです。

 

 

 

借金が減らない原因は?

取立をやられる側には通じないかもしれませんが、催促をやっている側も難儀なのです。
そんな中で、入金の見通しが立たないお客様に対して、弁護士に要請を推奨する担当者もいるそうです。

 

金融会社側も、回収業務にも経費が必要なうえ、長期間に渡って引き伸ばされれば、結局「貸し倒れ引当金」を計上しないとならないので、借金返済計画の可能性が立たないのなら、早い所償却してしまいたいのが本音なのです。(株主の手前、公には言えませんが・・)
借金返済問題を片づけるには、無料相談から!とは言っても、いきなり弁護士事務所に連絡するのは、度胸が必要ですよね。

 

そのため当サイトでは、まず「借金解決診断シミュレーター」の利用をお勧めしています。

 

街角法律相談所 
 
 
借金解決診断シミュレーターは、5つの質問に回答するのみで、債務の金額を減らすやり方や月ごとの返済額がどれほどになるのか、リサーチすることが出来ます。
しかも日本全国可、土日祝日可、24時間受付可なのです。
名前、住所なども不要で、匿名かつ無料で利用できるので、まずはトライすると良いでしょう。
借りた金の良い解決結果がみえた場合だけ、現実に弁護士に相談すれば良いと思います。(おすすめの弁護士事務所はここ)

 

ただただ苦しむだけでは、お金は返金できません。
仮に返済で悩まされているのなら、現実的に支払いできる額まで、借金一本化や金額を減らす事が重要です。
万が一お金の返済で困難なら、一人だけで苦悩するのは、絶対やめましょう!

 

家族などに支障をきたす前に、とりあえず無料シミュレーターでトラブル解決可能か見定めましょう。
困窮していても人生をとりもどす事はやれませんし、ヤル気を出せば和やかな日々を取り返すことが可能です。

 

借金を返す問題をスッキリさせるには、本職の弁護士に助けてもらうのは、一番いい事ですが、どういう弁護士でも大丈夫とは言えません。
弁護士の先生にも得意分野というものがあって、借金返済のトラブルが得意と自負している弁護士もいれば、離婚問題が得意と自負している弁護士もいます。
借金返済問題の際、法律的なデータだけではなく、金利計算などの見聞も必要となるため、そういう事が苦手な弁護士に当たると、ファイナンス業者との交渉を有利にすることが出来ません。さらに深刻なのは、弁護士にもさまざまな物の見方があって、貸金会社よりでこちらの消費者側ではない主張をする弁護士もいる場合もあります。
ファイナンス会社の顧問などをしていて、借りてにきつい弁護士に当たったら実際いい事ないです。消費者サイドに立ち、金融会社から有利な条件をつかみ出せる弁護士を選ぶ事で、借りたお金の返済金額を減らしたり、利息の減給などの制約が丸きし変わってきますので、弁護士選びはとても重要です。
と言われても、元から法理という業界の知識を知らなければどの弁護士が適正なのか等等分かりませんよね。ここでは借金返済問題に強く、消費者が楽になれる法律事務所を紹介しています。借金返済のトラブル解決の参考にして下さいね。

 

街角法律相談所